胸 小さくする方法

キューティーバストと補正ブラどちらがいい?

バストが大きいことで肩凝りが慢性化したり、着たい洋服が似合わなかったりとさまざまな苦労をしてしまいます。
その解消のために、サイズダウン効果を得られるキューティーバストのようなシェイプアップクリームの利用を始めるかたも多いでしょう。
また、バストを小さく見せられる補正ブラを使用をすれば、手軽に外見を整えることが可能です。
コンプレックスを解消するためには、どちらで対策を行うのが適切なのでしょうか。

大きく見せるだけではない補正ブラの効果

大きく見せるだけではない補正ブラの効果

補正ブラというと小さな胸をバストアップさせる下着といった印象がありますが、逆に小さく見せる目的のものもあります。
特徴としてはワイヤーレスであることがほとんどで、バスト全体を覆ってボリュームを抑えるのですが、カップが入っていますので肩崩れをしないようにも配慮されていて安心です。
綺麗に形を保ちつつ、小さくまとめられます。

即効性を得られるのが補正ブラのメリット

即効性を得られるのが補正ブラのメリット

補正ブラを使用した場合、着用した途端にバストを小さく見せる即効性を得られるところがポイントでしょう。
元の大きさ自体は変わりませんが、特別なケアをしなくてもすぐに着たい洋服を身につけられるようになりますし、その場でコンプレックスを解消することができます。
自分に合っている補正ブラを購入できるように、専門ショップに足を運んでしっかりと計測をして専用のものを作ってもらうのがおすすめです。
しっかりとバストが固定されますから、大きなかたが悩まされがちな揺れによる痛みも軽減できます。

大きなバストを小さくできるキューティーバスト

大きなバストを小さくできるキューティーバスト

一方のキューティーバストは、バストそのものにアプローチをしてサイズダウンを図ることができるクリームです。
引き締め成分であるアフィネスを中心に、厳選された脂肪燃焼成分が配合されており、バストの脂肪を排出、代謝の促進によって少しずつボリュームダウンしていくことができます。
また、美しいバスト作りにもこだわっており、同時に保湿、美白、弾力アップなどを総合的に行えるのがキューティーバストのメリットです。

継続的なケアが必要になる

継続的なケアが必要になる

ただし、キューティーバストの効果を得るためには継続的なバストケアが必要になってきます。
毎晩お風呂上りに塗布してマッサージを施し、バストを小さくするために働きかけることが必要です。
とはいえ、補正ブラで大きさを誤魔化すだけではなく、ブラジャーに頼らずにバスト自体を小さくできますし、コンプレックスに対し、根本的な解決を図るためのアプローチが適うのがキューティーバストになります。

キューティーバストを使ってバストを理想の形にしよう

キューティーバストを使ってバストを理想の形にしよう

補正ブラを使用するのは簡単です。
しかし、バスト自体の大きさが変わるわけではありませんから、問題を解消しようと思った場合には、キューティーバストを利用したボリュームダウンのためのケアが不可欠になります。
長期的な目で見れば、早めにキューティーバストを使ったケアを開始するべきでしょう。