胸 小さくする方法

胸が大きくなる原因

なぜ、自分はこんなに胸が大きいんだろう・・・
そう思って悩んでいませんか?
実は、巨乳になってしまう原因には、様々なものがあります。
そこで、ここでは胸が大きくなる主な原因についてお伝えしましょう。

女性ホルモンが多く分泌されている

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますよね。
このうち、エストロゲンの分泌量が多い女性は、巨乳になりやすいといわれています。
特に、思春期から成人期の時期に、エストロゲンが多く分泌されると胸が大きくなるのですね。

エストロゲンは、お肌にハリをもたらしたり、つややかな髪の毛を作ったりしてくれる嬉しい作用も持っています。
ただし、なかにはエストロゲンの分泌量が多くても胸が大きくならない体質の女性もいるようです。

皮下脂肪が多い

実際のところ、バストは脂肪のかたまりです。
バストの9割は、脂肪でできているのです。
そのため、体の皮下脂肪が増加すると、胸が大きくなりやすいようです。

男性であっても、力士のように太っていると胸が大きくなっていますよね。
女性のバストも、太って皮下脂肪の多い方のほうが大きく見える場合が多いのです。

乳腺が発達している

バストの1割は、乳腺が占めています。
ですので、乳腺が発達することでも胸のサイズは大きくなります。
乳腺の嬉しい作用としては、バストが垂れないように胸全体を上に引き上げてくれるところでしょう。

どちらかというと、日本人女性のバストは脂肪が多い傾向があり、欧米人女性のバストは乳腺が多い傾向があるといわれます。
そのため、欧米人女性の巨乳は、日本人よりも豊満でボリュームがあることが多いのです。

規則正しい生活習慣を持っている

規則正しい生活を送っている女性は、そうでない女性に比べて胸が適度に大きいともいわれます。
毎日、栄養バランスの取れた食事を摂り、充分な睡眠時間をとっている場合が多いのです。

また、自分ならではのストレス解消法を持っている女性も、胸が適度に大きいようです。
ただし、これは胸が大きすぎる場合、不健康な生活習慣を送れば小さくなるということではありません。

不健康な生活習慣を送っていると、女性ホルモンの分泌量が健康的でなくなります。
そのため、胸が小さくなりすぎたり、必要以上に巨乳になりすぎたりしてしまうのです。
胸に関する悩みがあるなら、まず生活習慣を整えましょう。

キューティーバストで胸を適度に小さくするのがおすすめ

上記のような原因により、胸が大きくなりすぎて悩んでいるなら、バストケアクリームの「キューティーバスト」がおすすめです。

無添加、美容成分配合、安心の日本製という3つの特徴がある商品です。
思い切って使ってみることで、小ぶりで美しい胸へと変化します。
そうなれば、着てみたかった可愛いデザインの洋服が着られるなど、嬉しいことがたくさんありますよ。